※※※必読!!バッテリーはなぜ膨張するのか!?※※※

修理ブログ

Pocket

 

 

おはこんばんちは~~~♪♪

“あなたの街の修理屋さん”

iPhone修理のRe:Smart(リスマート)です。。(*´∀`*)ノ.+゚

皆様、快適なスマホLIFEをお過ごしでしょうか!?

当店は感染症対策を行った上で、本日も朝から元気に営業しております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて今日ですが、バッテリーに関するお話しをひとつしてみたいと思います。

皆さんも、ずっと疑問に思ってた事ではないでしょうか?

 

↓ ↓ ↓

 

「どうしてiPhoneのバッテリーが膨張してしまうのか?!」

 

…その原因は、どうやらバッテリーの劣化にあるみたいです。

 

AppleのホームページでiPhoneのバッテリーのことを調べてみると、iPhoneには『リチウムイオンバッテリー』というものが使われています。

利便性のためにすばやく充電。
耐用性のためにゆっくり充電。

Appleのリチウムイオンバッテリーは、バッテリー容量の80%までは高速充電し、その後、低速のトリクル充電に切り替わります。最初の80%に達するまでの時間は、設定方法と充電しているデバイスの種類によって異なります。この複合的な充電プロセスが、デバイスをより短時間で外に持ち出せるようにするだけでなく、バッテリーの耐用年数も延ばします。

(参考:Apple公式サイトバッテリーなぜリチウムイオンなのか?より)

バッテリーの充電速度を速め、長期で利用ができるために採用したリチウムイオンバッテリーですが、劣化すると膨張することがあるそうです。

リチウムイオンポリマーバッテリー搭載製品をお使いの場合、バッテリーの劣化に伴い、バッテリー内部で発生するガスによりバッテリーパックが膨張することがあります。これはリチウムイオンポリマーバッテリーの特性です。
バッテリーパックは密閉されており、外部にガスが漏れることはありません。

(参考:エプソン公式サイト調べるリチウムイオンポリマーバッテリー : バッテリーパックが膨張するより

iPhoneのバッテリーを劣化させる原因は?

では、iPhoneのバッテリーが劣化してしまう原因とは何でしょうか?

「長期で使っていれば劣化するでしょう?」

当然それも原因の一つです。
iPhoneのバッテリーは、フル充電サイクルを500回繰り返した時に初期の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されています。
フル充電サイクルとは、合計で100%消費するのを1回とカウントすることです。

 

「100%80%消費20%60%充電80%20%消費60%」

赤字の消費した分が、80%+20%で合計100%になったので1回のサイクルとカウントされたということです。
1日に1カウントと計算すると、2年もたないくらいとなります。

しかしバッテリーの劣化は、充電を繰り返すこと以外が原因の場合もあります。

間違えた使い方をすることで、劣化を早めてしまうといったほうがいいでしょうか。

劣化を早める原因として考えられていることはいくつかあります。

  • 適正温度を超えての使用
  • 100%に充電のまま放置
  • 充電器につないだまま放置
  • 充電器につないだままの使用
  • 純正品以外のケーブルでの充電

 

とくに適正温度を超えての使用は、主にこれからの熱い夏場の季節は注意が必要です!!

適正温度は0℃~35℃と言われて、車の中に置きっぱなしにしたり、炎天下の外回りでポケットに入れていたりすると、本体に熱がこもって適正温度を超えてしまいます。
iPhoneを車には放置せず、首にぶら下げたりカバンの中にしまうことをオススメします。

充電する時も、ケースに入れて使用している方はケースから外して充電するほうが劣化をらせることが出来ます。

またiPhoneは精密機器になりますので、熱くなったからと言って冷蔵庫に入れて急激に冷やすなどといったことはiPhone全体を劣化させることになるので絶対に行わないでください。

 

以上。。

 

 

その他、上記の例以外での症状でお困りの場合も

是非一度、

 

“あなたの街の修理屋さん”

iPhone修理のRe:Smart(リスマート)

まで、お問い合わせいただければと思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

single