iPhoneが勝手に動く!?ゴーストタッチの原因と対処法

お役立ちブログ

Pocket

 

おはこんばんちは~~~♪♪

“あなたの街の修理屋さん”

iPhone修理のRe:Smart(リスマート)です。。(*´∀`*)ノ.+゚

iPhoneの修理なら、当日修理可能なRe:Smartにおまかせっっっビックリマークニコニコ

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

皆さんは「ゴーストタッチ」という現象をご存知でしょうか??

文字だけ見ると心霊現象みたいで怖いですよね。
じつはこれ、iPhoneやスマートフォンにおける不具合の一種なのです。

今回はこの「ゴーストタッチ」が起こる原因と対処法についてご紹介をしてみようと思います。

 

【ゴーストタッチとは?】

 

 

「ゴーストタッチ」とはiPhoneやスマートフォンで触れてもいないのに勝手に動作してしまい、誤作動を起こしてしまう現象で「お化けタッチ」や「タッチ暴走」とも呼ばれることもあります。

この「ゴーストタッチ」が起こると、意図しないアプリを開いてしまったり、勝手に誰かに電話をかけてしまうなどの症状が起きてしまいます。症状の中でも怖いのが、ロック画面で勝手にパスコードを入力してしまうことです!

iPhoneのパスコードロックは連続で間違えると一定時間、緊急電話以外を使えない状態にロックされてしまいます。

入力ミスした回数によって使えない時間が伸びていく仕様になっており、5回間違うと1分間、6回目は5分間、7回目/8回目は15分間、9回目は60分間のロックがかかります。そして、10回入力間違えするとiTunesに接続しないと解除できず初期化が必要となるので、事前にバックアップを取っていなければすべてのデータが消失してしまいます。

このような恐ろしい被害を受ける前に対処するようにしましょう。

 

【ゴーストタッチが起こる原因】

 

初めて「ゴーストタッチ」になった方は、端末の乗っ取りやウィルスに感染したなどと勘違いしてしまう方も少なくありません。

しかし、「ゴーストタッチ」の原因は外的原因によるものが多くなっています。自身の端末がゴーストタッチに陥ってしまった時、よく観察し原因を特定して対処しましょう。

 

1.不純物や水分の付着

iPhoneのタッチパネルは静電容量保存方式が採用されており、人間に流れる微弱な電流を感じ取り動作する仕組みとなっています。このため水分や埃などの電気の含みやすいものがガラスに付着しているとその電流を感じ取り誤作動を起こしてしまいます。iPhoneを操作するときは、不純物が付着しないようにきれいな手で操作することが望ましいです。

2.保護フィルム

iPhoneのガラスパネルは割れやすく、それを保護するためにガラスフィルムなどを張り付けている方は多いと思いますが、気泡が入っていたり、埃などが混入しているとそこに微弱な電流が溜まり誤作動を起こすケースもあります。保護フィルムの貼り付けは意外と難しいので気泡の入ったままお使いになられているのを多く見ますが、誤作動の原因となるので自身で綺麗に貼り付けるのが難しい方は、ケータイショップや量販店などでプロに貼り付けしてもらったほうが良いでしょう。

※3.ディスプレイ破損(このケースが一番多い!)

iPhoneのパネル構成は上から順に、ガラス、偏光フィルム、タッチセンサー(透明導電膜)、液晶の順で重なり接着されて一体となっています。ガラスが割れてしまうと割れた隙間に埃や水分が入り込むことで、タッチセンサー(透明導電膜)が反応してしまい「ゴーストタッチ」を引き起こします。重度破損の場合は「ゴーストタッチ」の症状も重度となり、パスコード誤入力などを起こしやすいので、ディスプレイが破損した場合は速やかに対処しましょう。

4.本体の変型

ディスプレイが破損していなくても、本体が曲がっているなどすると、タッチパネルに負荷が掛かり「ゴーストタッチ」を引き起こすこともあります。本体の変型はサイズの大きいPlusシリーズでは起こりやすくなっています。ポケットに入れていたら本体が曲がってしまったという方も多いので、Plusシリーズをお使いの方はご注意ください。

5.熱暴走

多くの精密機械は熱に弱く、過度な温度上昇は熱暴走を引き起こします。熱暴走になると「ゴーストタッチ」の原因になるだけでなく、アプリが正常化動しない等の不具合も同時に引き起こすので、高温化での放置や高負荷がかかるアプリの長時間利用といった熱暴走の原因となる行動は避けた方が良いでしょう。

6.基盤不良

iPhoneの心臓部である基板自体が故障しているケースもあります。基板内部にはタッチICと呼ばれるタッチ操作を司る精密パーツがあり、不具合を起こし「ゴーストタッチ」の原因となることもあります。主にはiPhoneを水没させた場合に不具合を起こしやすい箇所となっています。

 

《ゴーストタッチの対処法》

 

 

水没や落下などの外的要因が無く「ゴーストタッチ」が発生した場合は以下の対処法で改善する場合があります。

1.画面を綺麗に拭く

不純物や水分の付着で「ゴーストタッチ」が発生している場合は、画面を綺麗に拭くことで誤作動の原因となっている不純物や水分を取り除きます。画面に傷つけたり、不純物が残らないように速乾性の高いエタノールとマイクロファイバーなどの柔らかい布で拭き上げましょう。

2.保護フィルムを張り直す

保護フィルム内に埃や気泡が混入している場合は、保護フィルムを張り直してみましょう。意外と保護フィルムが原因の「ゴーストタッチ」は多いです。保護フィルムはガラス素材の方が気泡や埃などが混入しにくいので、ご自身で張り付ける方はガラスフィルムの方がお勧めです。最近ではガラスコーティングといった液体を塗り込むタイプも販売されています。ガラスコーティングだと気泡や埃の混入は発生せず、コーティング後は不純物も付着しにくくなるので、「ゴーストタッチ」の予防策としては最適かもしれません。

3.電源を落とす

電源を落とす行為は「ゴーストタッチ」だけでなく様々な症状に効果があります。

iPhoneに不具合が起きたらまずは電源を落としてみましょう。iPhoneが熱をもっている場合は電源を落とした後、涼しい場所で熱を冷ますと良いでしょう。決して冷蔵庫に入れる等の急激に冷やす行為はしないでください!!

急激な温度変化でiPhone内部に結露が出来てしまい水没の症状が起きてしまう事があるので注意しましょう。

 

 

《ゴーストタッチのまとめ》

「ゴーストタッチ」は、そのまま放置しておくとデータ消失など大きな被害を受ける可能性もあります。たまたま起きただけと放置しておいても勝手の直ることはありません!

ゴーストタッチが発症した場合はよく観察し、症状を見極めて自分で出来る範囲で対処しましょう。

自身で解決できない場合は速やかに当店までご相談していただけたらと思います。

 

以上。。。

 

それでは今後とも

iPhone修理のRe:Smart(リスマート)をよろしくお願い致しますぱっちりガチャピンきらんきらんきらん

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

single